外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米CNNテレビは2日、北朝鮮が11月29日に発射した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」について、弾頭が大気圏に再突入する際、複数に分解したとみられると報じた。実戦配備に必要な大気圏再突入技術が確立されていないことを示している。米政府の初期分析として、政府高官が明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信