外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル、ワシントン共同】米韓両政府は26日、北朝鮮が同日朝、日本海に短距離ミサイルを連続発射したのを受け、さらなる挑発行動もあり得るとみて警戒監視を強化した。米韓両軍が朝鮮半島有事を想定して行っている合同指揮所演習を継続する方針も確認した。米太平洋軍はミサイル3発のうち1発目と3発目は約250キロ飛行したと発表、発射失敗だったとの当初の分析を修正した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信