ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北九州に防犯カメラ100台設置

 北九州市で飲食店関係者が襲われる殺人未遂事件が相次いでいるのを受け、福岡県の小川洋知事は10日の定例記者会見で、暴力団の立ち入りを禁止する「標章」を掲げる飲食店が多く集まる小倉北区などに緊急対策として防犯カメラ30台を設置すると発表した。運用開始は年明けの見込み。北九州市の北橋健治市長も同日、市内に防犯カメラ70台を設置する方針を明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。