外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】1978年8月の日中平和友好条約締結から35周年となる12日、北京では公式の記念行事は開かれなかった。尖閣諸島をめぐる対立で、72年の国交正常化以降最悪とされる現在の日中関係を反映した形だ。12日付の中国メディアは35周年には触れなかった。中央テレビは海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が6日に進水したことをあらためて伝え「日本の軍拡」や憲法改正の動きへの警戒感を強調した。

共同通信