ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北京で「深刻な汚染」記録

 【北京共同】新華社電によると、北京市環境保護監測センターは8日、市内35カ所の観測地点のうち20カ所で6段階の大気汚染指数のうち最悪の「深刻な汚染」を、10カ所で2番目に悪い「重度の汚染」を記録したと発表。気象台は9日午前には黄砂が飛来すると予報した。同センターによると、一部では呼吸器疾患などへの悪影響が指摘される微小粒子状物質「PM2・5」が大気1立方メートル当たり300マイクログラムを超えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。