外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】北京の日本大使館は15日、海上保安庁の巡視船と中国漁船が沖縄・尖閣諸島周辺で衝突した事件に伴い、中国国内で反日機運が出ていることを踏まえ「中国人と接する際には言動や態度に注意をしてほしい」として、在留邦人や邦人観光客らに注意喚起した。大使館は「抗議行動やデモ情報にない」とする一方、18日が柳条湖事件から79年に当たることもあり、目立った行動は慎むよう呼び掛けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信