ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北京の日本大使館「外出控えて」

 【北京共同】中国の人口の5割弱の約6億人が影響を受けているとされる大気汚染について北京の日本大使館は6日、在留邦人向けに説明会を開催した。岡崎雄太1等書記官は「失われた健康は元には戻らない。汚染に触れる時間を少しでも短くして欲しい」と述べ、不要な外出をなるべく控えるよう呼び掛けた。説明会には定員150人のところ、日系企業の関係者や家族ら200人以上が応募。大使館は急きょ説明会を2回に増やした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。