外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】北京の日本人学校の小学部と中学部を合わせた児童・生徒の数が4月の新学期から約50人減る見込みであることが27日、分かった。総数が3年ぶりに600人を割り込む可能性があるという。学校関係者が明らかにした。「PM2・5」による大気汚染深刻化を受け、日系企業の駐在員が家族を帰国させたり、単身赴任したりするケースや尖閣をめぐる関係悪化で駐在員を削減する企業が出ていることなどが要因とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信