外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】北京市にある北京国際空港の第3ターミナルの出口付近で20日午後6時25分(日本時間同7時25分)ごろ、爆発があった。新華社電などによると、中国山東省出身の30代の男が火薬を使った手製の爆発物を起爆させた。男が左腕をけがして病院に運ばれたほか、警官が軽傷を負った。第3ターミナルは日本航空や全日本空輸などが利用しているが、離着陸など航空機の運航に影響は出ていない。

共同通信