外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】10日付の中国紙、新京報などによると、北京市で春節(旧正月)に伴う大型連休初日の9日から10日未明にかけ、春節を祝う花火や爆竹による大気汚染が例年に比べて改善。汚染拡大を防止するため当局は花火などの自粛を呼び掛けており、こうした措置が奏功したとみられる。同市では9日夜、微小粒子状物質の濃度が急上昇。しかし昨年の同時期に比べ数値は半分程度にとどまった。10日朝には許容できるレベルにまで下がった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信