外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】インタファクス通信によると、匿名のロシア軍幹部は12日、北方領土を含む千島列島(クリール諸島)に、移動式の対空ミサイル発射装置「ブクM1」や、T80戦車大隊が既に配備されたと述べた。同幹部は、千島列島での軍装備近代化は今後も続くとして、国後、択捉両島では必要な軍関係のインフラ建設が始まっていると述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信