外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】岸田文雄外相は21日夕、ロシアのラブロフ外相とモスクワの同国外務省で会談し、北方領土問題の進展に向け、中断している外務次官級協議を10月8日にモスクワで再開することで合意した。プーチン大統領の年内来日の日程調整や、11月の20カ国・地域首脳会合などの場を利用し、首脳や外相の会談を重ねる方針も確認した。北方領土をめぐる認識は平行線で、ラブロフ氏は強硬姿勢を崩さなかった。

共同通信