ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北日本27日も吹雪の恐れ

 冬型の気圧配置と強い寒気の影響で、26日も北日本の日本海側と北陸を中心に風雪が強まり、荒れ模様となった。大雪の峠は越えたが、北日本は27日にかけても風速15メートル以上の吹雪の恐れがあり、気象庁が注意を呼び掛けた。内閣府は26日、今冬の大雪で関係省庁の連絡会議を開催。今後の降雪量も平年より多くなる恐れがあるとして、地方自治体と連携しライフラインや交通の確保に万全を期すことなどを確認した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。