ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北日本、引き続き暴風雪の恐れ

 発達した低気圧の影響で、北日本(北海道、東北)は11日午前も引き続き暴風雪になる所があるとして、気象庁は警戒を呼び掛けた。見通しが悪くなったり、吹きだまりができたりして交通に障害が出る恐れがある。気象庁によると、千島近海に発達した低気圧、黄海に高気圧があり、北日本を中心に強い冬型の気圧配置となっている。予想される最大風速は北海道と東北の陸上で16~18メートル(最大瞬間風速30メートル)。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。