外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は14日、昨年9月~今年6月に撮影された北朝鮮の寧辺にある再処理施設の熱分布画像に基づき、施設の活動が活発になり、核兵器の原料となるプルトニウムを増産した可能性があるとの分析を発表した。

共同通信