外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京、ソウル共同】北朝鮮の金正恩第1書記の特使として訪中した朝鮮人民軍の崔竜海総政治局長は23日、北京の人民大会堂で中国共産党序列5位の劉雲山・党中央書記局書記と会談し「中国側の提案を受け入れ、関係各国との対話を展開したい」と述べ、対話に前向きな姿勢を示した。北朝鮮は日本海側に展開していた中・短距離の弾道ミサイルを全て撤収させたとも伝えられ、挑発路線から対話姿勢に転じた可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信