外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北朝鮮が、12月の長距離弾道ミサイル打ち上げ問題で延期された日朝政府間協議を来年2月ごろに再開できないか日本側に打診していることが30日、分かった。複数の日朝関係筋が明らかにした。拉致問題に柔軟な意向を示すことで、対北朝鮮で強硬姿勢を示す安倍政権を揺さぶる狙いとみられる。日本側は諾否を含めた対応を当面留保し、金正恩第1書記体制の出方を見極めたい考えだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信