外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】6日付の米紙ワシントン・タイムズは、北朝鮮が米国を射程に収める初の移動式大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を進展させていると報じた。米情報機関が11月に議会向けに行った機密ブリーフィングで明らかにしたという。北朝鮮のICBMとして知られているテポドンは基地からの固定発射式。移動式ミサイルは隠すことができるため探知されにくいほか、発射までの時間も短縮できる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信