ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北朝鮮のテロ国家再指定を検討

 【ワシントン共同】オバマ米政権が、北朝鮮が核実験を強行した場合の対抗措置の一つとして、米独自の金融制裁などの対象とする「テロ支援国家」への再指定を検討していることが6日、分かった。米政府当局者が明らかにした。北朝鮮が米国への挑発をエスカレートさせていることに対して、米側も強硬姿勢を打ち出し、核開発を許さない決意を明確に示す狙いがある。指定はブッシュ前政権時代の2008年10月に解除されていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。