外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮人民軍最高司令部は26日声明を発表し、米韓の威嚇に対抗するとして、米本土や太平洋地域の米軍基地、韓国を攻撃対象とするミサイル部隊など全ての野戦砲兵部隊が「1号戦闘勤務態勢」に入るとした。詳細は不明。朝鮮中央通信が伝えた。核兵器搭載可能な米軍のB52戦略爆撃機の米韓合同演習投入や、韓国が北朝鮮の挑発があれば故金正日総書記銅像のミサイル攻撃計画公表などを受けた措置としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信