外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル、蔚山共同】韓国大統領選に挑む最大野党「共に民主党」の文在寅候補が高官を務めた盧武鉉政権が2007年、国連の北朝鮮人権決議案の採決を棄権した際、事前に北朝鮮側の意向を聞いていたことを示すとする文書を、当時の閣僚が22日までに韓国紙に公開した。元閣僚は昨年出版の回顧録でこの疑惑を提起、文氏は否定しているが、他陣営は文氏への攻勢を強めている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信