外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連の潘基文事務総長は4日、2期目の任期開始に当たり共同通信との単独インタビューに応じ、北朝鮮が金正恩氏を中心とする体制に移行する動きを注視、対話を続ける考えを強調した。核開発放棄へ各国の努力を促すとともに自ら訪朝する意思もあらためて表明する一方、訪問の環境が整うには「忍耐が必要だ」と述べ、時間がかかるとの見通しも示した。核問題への対応については、事態を見守る段階とした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信