外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央テレビは30日、29日未明に実施した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」発射実験の映像を放送した。7月に発射した火星14より大型化した可能性があり、エンジンの推進力も向上したとみられる。映像ではミサイルが炎を吐きごう音とともに上昇する場面や、1段目と2段目が分離する様子などが映されていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信