外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米シンクタンク、核脅威削減評議会は19日、北朝鮮が12日に実施した3度目の核実験の爆発規模について、2009年の前回実験の2・5倍に相当する12・5キロトン程度だった可能性が高いとの見方を明らかにした。複数の研究者らの計算に基づく推計としている。韓国国防省の推定6~7キロトンを大幅に上回ることになり、事実であれば核実験が「成功した」との評価につながる可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信