外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国務省高官は8日、ウラン濃縮施設を米国の核専門家に公開した北朝鮮が、実験レベルの濃縮施設などほかにも関連施設をひそかに保有している可能性があり、米政府として懸念を抱いていることを明らかにした。共同通信とのインタビューで語った。また「北朝鮮がシリアに重水炉を輸出していた」と言明、金正日体制が新たにウラン濃縮技術を第三国に拡散させることへの警戒感を表明した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信