外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国統一省の金南植次官は11日、北朝鮮の食糧事情について、流通構造の修復で食糧が行き渡り、近年は多数の餓死者が出る事態にはなっていないとの分析を明らかにした。国会答弁で答えた。北朝鮮は90年代後半に「苦難の行軍」と呼ばれる食糧危機が起き、100万人単位の餓死者が出たとの見方もある。金氏は餓死者の規模に関し、大水害があった95年から97年にかけ年間7万~8万人が死亡したとの統計を挙げた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信