外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は3日、北朝鮮が寧辺の黒鉛減速炉(原子炉)の再稼働に1、2カ月後にこぎ着ける可能性があるとの分析を明らかにした。北朝鮮が黒鉛炉を再稼働させるには、核燃料棒が必要だが、同サイトは同国が既に保有しているかは不明だとしている。黒鉛炉に冷却水を供給するための装置はほぼ完成したとみられるという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信