外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は28日、定例理事会で、北朝鮮の寧辺の実験用黒鉛減速炉(原子炉)について、衛星写真などの分析から「再稼働の取り組みと一致する活動が見られた」と述べ、再稼働した疑いがあるとの見方を示した。

共同通信