外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】訪米中の中国の王毅外相は20日、ワシントン市内のシンクタンクでの講演で、北朝鮮の核放棄を明記した2005年9月の6カ国協議共同声明と、北朝鮮がウラン濃縮活動の一時停止などを受け入れた昨年2月の米朝合意に「北朝鮮は復帰する用意がある」と明言した。沖縄県・尖閣諸島の問題にも言及し、日本政府が領土問題の存在を認めることが「対話と交渉による解決」の前提になるとの考えを示した。

共同通信