外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会常任理事国の米国は21日、北朝鮮による昨年12月の事実上の長距離弾道ミサイル発射を過去の安保理決議違反とし、新たに6団体4個人の資産を凍結する制裁強化決議案を安保理に提出した。今後新たな発射や3度目の核実験をした場合「重大な行動を取る」と異例の表現で警告した。安保理対応をめぐる中国との折衝に21日合意した。各国も支持の姿勢で、早ければ22日午後、採択される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信