外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は29日、北朝鮮・寧辺の核施設へのIAEA監視要員復帰について「用意している」との声明を発表、強い意欲を示した。北朝鮮は2009年4月、同施設から監視要員を追放した。作業が順調に進めば、約3年ぶりの現地復帰となる。天野氏は、ウラン濃縮活動の一時停止などを盛り込んだ米朝合意を「重要な前進だ」と歓迎した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信