ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北朝鮮ミサイルに政府厳戒態勢

 政府は10日、北朝鮮が新型弾道ミサイルを発射する可能性があるとみて厳戒態勢に入った。日本領域に着弾する可能性が生じた場合は、日本海に展開したイージス艦が迎撃ミサイルによって大気圏外で撃ち落とす構え。首都防衛のため都内などに地対空誘導弾パトリオット(PAC3)も配置、イージス艦が撃ち漏らした際は迎撃する態勢。首相は、記者団に「国民の生命と安全を守るため万全を期す」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。