外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【平壌、ソウル共同】北朝鮮は10日、人工衛星打ち上げと主張する事実上の長距離弾道ミサイル発射の予告期間(10~22日の午前7時~正午、日本時間同)に入った。日本の防衛省によると、10日正午の段階でミサイル発射の情報はなく、初日の発射は見送った。北朝鮮は8日、発射延期を示唆する異例の発表をしたが、国際機関などへの正式な延期通告はなく、自衛隊や米軍は警戒態勢を維持している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信