外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛省は昨年12月に北朝鮮が発射した事実上の長距離弾道ミサイルに関する報告書をまとめた。射程は1万キロ以上に及ぶ可能性があると分析、米本土の西海岸に到達可能な技術を保有する恐れが強まった。一定の重量物の搭載能力を持ち、打ち上げ精度も上がったとしている。複数の政府筋が23日、明らかにした。小野寺五典防衛相が25日の安全保障会議で報告する。政府が新たな対応を迫られるのは必至だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信