【ワシントン共同】米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は23日、最新の商業衛星写真に基づき、北朝鮮北西部東倉里の「西海衛星発射場」で主要施設の解体が始まった形跡があるとの分析を明らかにした。発射場は大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載されるエンジンの開発などに使われてきた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。