外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は29日、北朝鮮が国連などの制裁を逃れて核開発資金を調達することを阻止するため、制裁逃れに加担する中国企業を「中国が捜査し、罰することを望む」と求めるとともに、制裁違反について中国と「情報を共有したい」と述べ、米中が摘発で協力すべきだとの考えを示した。共同通信の単独会見に応じた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信