外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【平壌、北京共同】北朝鮮は8日、3度目の核実験を受けた国連安全保障理事会の制裁強化決議採択に即座に反発、朝鮮半島の緊張が高まってきた。金正恩第1書記自ら南北対立の最前線に赴くなど、同国指導部は軍の士気高揚に躍起だ。朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は8日、2010年11月に韓国・延坪島を砲撃した南北境界水域付近の軍部隊を金第1書記が視察したと、1~2面で大きく報じた。視察日は決議採択直前の7日。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信