外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】北朝鮮の慈成男国連大使が米国から査証(ビザ)の更新を拒まれ、5月から約2カ月間にわたりビザが失効した状態に陥っていたことが21日、分かった。米朝外交筋が明らかにした。国連大使のビザが長期間更新されないのは異例。米政府は理由を明らかにしていないが、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する圧力強化の一環の可能性が高い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信