外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国国防省は1日、北朝鮮の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」について、通常角度で発射した場合、1万3千キロ以上飛行可能で、米首都ワシントンが射程に入るとの分析結果を国会で公表した。弾頭の大気圏への再突入技術や精密な誘導技術については「追加の検証が必要」とした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信