【ワシントン共同】アジア太平洋地域の外交・安全保障専門オンライン誌「ディプロマット」は25日、解体が始まったとされる北朝鮮北西部東倉里の「西海衛星発射場」の主要施設について、米情報当局が「数カ月で復旧できる」として過大に評価すべきでないと分析していると伝えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。