外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆院外務委員会が14日午後の閉会中審査で採択する北朝鮮への抗議決議案が判明した。5回目の核実験強行について「唯一の被爆国として断じて容認できない暴挙だ」と強く非難。日本政府に制裁強化を念頭に「国連安全保障理事会での新たな決議の採択や、わが国独自の措置を通じて圧力の強化を追求すべきだ」と求めた。関係者が明らかにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信