外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 11日午後1時40分ごろ、島根県隠岐諸島の北東約140キロの日本海で、漂流している漁船のような船から乗組員が手を振っているのを、第8管区海上保安本部(舞鶴)の航空機が見つけた。現場に到着した海保の巡視船が電光掲示板を使い「北朝鮮の船か」「故障か」と問い掛けると、乗組員は腕で丸を作る動作をして認めたといい、8管は北朝鮮船とみている。8管によると、船は長さ約20メートル、幅約5メートル。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信