外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは12日、同国政府当局者の話として、北朝鮮軍が最近、昨年11月の延坪島砲撃直前と似た異常な行動をしていることを韓国軍が把握し、警戒態勢を強化していると報じた。北朝鮮軍は最近、韓国が海上の軍事境界線と主張する北方限界線(NLL)付近の基地に戦闘機を移動。黄海のNLL付近にあるペンニョン島北方に地対空ミサイルを配備などの動きをとらえたという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信