外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国務省高官は16日、今月下旬の訪米を予定している北朝鮮外務省の李根米州局長について、米政府が入国を承認し、必要なビザを発給する方針を決めたことを明らかにした。6カ国協議米首席代表のソン・キム担当特使が、李局長と非公式に会談することも検討している。非公式会談が実現すれば、北朝鮮とオバマ政権との本格的な協議開始に向けた動きが加速する可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信