外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは29日、北京で23、24日に行われた米朝高官協議で、北朝鮮側が寧辺のウラン濃縮施設について「平和目的であると証明されるまで稼働を一時中断することができる」と表明したと報じた。ただ将来の再稼働に備え、遠心分離機はウランを入れない状態で回転させ続ける方法を提案したという。ウラン濃縮活動について米国側は、確実で検証可能な中断を要求。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信