外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)は7日、衛星写真の分析から、北朝鮮が寧辺のウラン濃縮施設を約2倍の広さに拡張したとみられると発表した。核兵器の原料となる高濃縮ウランの製造能力が最大で年間2個分(40キロ)に倍増する恐れがあると推定している。ただ、濃縮に必要な遠心分離機が拡張部分に搬入済みかどうかは不明。

共同通信