外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北朝鮮が15日朝、首都平壌から弾道ミサイルを発射し、8月末の発射に続き北海道上空を通過させた。飛行距離は約千キロ延びて過去最長の約3700キロとなり、米軍要衝グアムを射程に収める飛行能力を誇示した形だ。日米両政府は、前回と同じ中距離「火星12」の可能性があるとみて分析を急ぐとともに、連携して北朝鮮への圧力を強める。国連安全保障理事会は日本時間16日未明の緊急会合で制裁強化などを協議する見通しだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信