外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北朝鮮が今月に入り、北西部東倉里のミサイル発射場で長距離弾道ミサイルの発射準備とみられる動きを活発化させていることが23日、分かった。複数の日本政府関係者が明らかにした。米偵察衛星の画像などの分析に基づく情報で、政府高官は「ミサイル本体も既に搬入された可能性が高い」と語った。発射台には取り付けられていないが、日米両国は今月末から来月にも発射準備が完了する可能性があるとみて監視を強化している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信