外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米衛星画像大手デジタルグローブ社は26日、北朝鮮北西部のミサイル発射場を23日に撮影した衛星写真を公開した。周辺の活動が活発になっているとして、今後3週間以内にもミサイル発射が可能になるとの分析を示した。発射場周辺で多くの人やトラックが活動し、大量の移動式の燃料タンクも確認された。今年4月に長距離弾道ミサイルが発射された際にも、同様の動きがあった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信