外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【平壌共同】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会の報道官は8日、北朝鮮が衛星打ち上げと主張する事実上の長距離弾道ミサイル発射予告に関し「発射時期を調整する問題を慎重に検討している」と述べた。10~22日の間に行うと予告した発射の延期を示唆した可能性がある。報道官は理由について「一連の事情が生じた」と述べたが、具体的には明らかにしていない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信